Get Adobe Flash player
ブログカレンダー
6 | 2019/7 | 8
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

福祉用具の勉強会「徘徊感知機器」

先日、テクノスジャパンの新製品「徘徊感知機器・超音波、赤外線センサー」の勉強会を行いました。
徘徊感知機器とは、認知症の方が屋外に出ようとした時など、センサーによって感知し、家族や隣人に通報するものです。
赤外線センサーやマットタイプのセンサー部分を玄関などに設置し、認知症の方が屋外に出た場合に警報が鳴る仕組みのものや、カード型やコイン型の端末部分(子機)を身につけた方が、設定した距離以上に本体から離れると自動的に警告音が発信するタイプなどがあります。
多種多様なので、電池の耐用期間や感知範囲を留意し、有効距離や出入り口の数の確認も必要です。
徘徊感知機器は介護保険の福祉用具レンタル対象商品です。
お気軽にお問合せ、ご相談ください。
商品の詳細はこちら



 
カテゴリー:勉強会, 商品紹介